Top > 趣味 > ゆぅのお弁当講座

ゆぅのお弁当講座

忙しい朝の時間に、他の用事をしながらお弁当をつくるのは大変です。今回は、お弁当を作るときの、ちょっとしたアドバイスを紹介したいと思います。 朝になって慌てないように、前日に簡単な準備をしておくと良いです。前の日の晩に、お弁当で使う具材をきっておくことがおすすめです。下ごしらえを済ませておけば、余裕を持って朝の支度ができます。 前日の夕食作りと一緒に、お弁当のおかずを作ると、次の日のお弁当づくりの時間を短縮できます。お弁当のおかずになりそうな物を、種類別に容器に入れ、冷蔵しておきます。次の日は、ご飯を詰め、前日のおかずを加熱してお弁当に入れるだけです。 前日の夕飯のおかずに、アレンジをして、お弁当をつくることができます。カレーやハヤシライス、シチューは最後まで残ってしまうことがよくあります。次の日に、ご飯と一緒に炒めて、卵をまいて、子どもが大好きなオムライスのお弁当ができあがります。 残った海老フライや、カツを小さく切り、玉ねぎやキャベツと一緒に炒めると、子どもに人気のチャーハンができます。塩やしょうゆなど、お子さんのお好みの味付けをしてあげましょう。 煮物のような保存できる物は、多めに作って、冷凍しておくと、困ったときの一品になります。きんぴらや煮豆、ほうれん草のおひたしなど、お子様の苦手な物でも、ご飯に混ぜて、混ぜご飯としてお弁当にしてあげれば、食べやすくなります。 冷凍のままお弁当に入れるだけの商品を活用すると、便利です。冷凍のままのおかずは、保冷剤として役立ち、気になる衛生面に安心です。 また、口にしても安全な消毒用アルコールを常備しておくと、安心です。水気を切ったお弁当箱に、さっとスプレーして拭き取ります。それだけで、時間が経っても、安心してお子様に召し上がっていただけます。盛りつけるときに、菜箸の水道水を吹いておくとよいです。 毎朝のお弁当作りに、今回、紹介させていただいたアドバイスを参考にしていただければ幸いです。 二俣川の駅ビルにある美容室、美容院

趣味

関連エントリー
中古車ご購入は中古車オークション代行のカーズゴーゴーゆぅのお弁当講座自動車を安く購入は中古車オークション代行のカーズゴーゴー
カテゴリー
更新履歴
趣味で作っているものがブランド化されそうなら(2014年7月31日)
Web制作 ブログ3(2014年7月30日)
宝くじを大量買いして大損してしまった(2014年7月13日)
職業によるキャッシングの審査への影響(2014年6月26日)
動物と触れ合うレジャーが大好き(2014年6月 6日)